IT立国の基盤を支えるデータセンターのあるべき姿を追求する

ロゴマーク

日本データセンター協会(JDCC)ロゴマーク

日本データセンター協会(JDCC)のロゴマークには、JDCCが日本の産業発展の情報基盤としてのデータセンター事業の強化・発展に寄与するとともに、国際的な競争力を獲得し、世界へ情報を発信する団体として活動するという強い思いが込められています。

日本のIT産業の国際的な競争力の獲得・確立・向上に向けた大きな6つの取り組み(環境、教育、安全、インキュベーション、コスト指標の策定、政策提言)と、データセンターを象徴するサーバーラックが整然と並ぶイメージを融合させました。

日本発のグローバルスタンダードを目指す団体を印象づけるため、日の丸を連想させる赤と白をベースに、先進性を盛り込んだシルバーグレーで構成されています。

JDCCは、今後、このロゴマークをJDCCのすべての活動に対して活用していく予定です。